アクセス先のサイト管理者には、自分がどの会社に勤めているのかばれてしまう?


IPアドレスから勤務先がわかる

インターネットで特定のサイトにアクセスするにあたって、自分の接続元を隠したいと思う人は少なくないでしょう。

実は、会社員が職場のパソコンを使ってサイトにアクセスすると、そのサイトの管理者に、どの会社からアクセスしてきたのかばれてしまうことがあります。会社からのアクセスは固定IPアドレスが用いられることが多く、そのIPアドレスにはネットワークドメインというものが紐付けされ、そのドメインの情報はどの会社が管理しているのかということを含めて公開されているからです。サイトの管理者がアクセスしてきた人の勤務先を知り、その会社に対して、なにか理由をつけて具体的にどの社員が自分のサイトにアクセスしているのか聞き出す可能性はゼロではありません。

密かに見ているサイトの管理人に、自分の勤務先だけでなく名前まで知られるのは、多くの人にとって悪夢でしょう。

VPNを使えば接続元を隠せる

接続元を隠す方法はいくつかありますが、簡単で、ある程度安全といえるのがVPNを使うというものです。VPNとは、特定のサーバーを通じてサイトにアクセスすることで、接続元はそのサーバーであると思わせることができるシステムです。自国から特定の国のサイトにアクセスすると遮断されてしまうという場合、まず別の国のサーバーにVPNで接続し、そこからアクセスすることで遮断システムをかいくぐり、見られるようにするといった使い方をされています。

VPNサーバーの管理者が情報を漏らさなければという条件つきですが、VPNを使っている限り、アクセス先のサイトの管理者には接続元を確実に隠すことが可能です。

家庭用のシュレッダーは、大量の裁断にはむいていませんので、あらかじめ裁断する対象を厳選しておきましょう。そうすれば手間も作業時間も減らすことができます。

自分のホームページにメールフォームを設置してみよう


自分でサーバーに設置するかレンタルするか

ホームページには、連絡先や連絡手段を記載するのが一般的です。その連絡手段としてメールフォームを利用する人は少なくないですが、設置の仕方などはどうなっているのでしょうか。

まず、メールフォームをホームページに取り込むには、基本的に、配布されているプログラムをサーバーにアップロードするか、あるいは外部サービスで運営されているものをレンタルするかのどちらかになります。プログラムをサーバーにアップする利点としては、メールフォームのURLを、自分が所有している独自ドメインを含んだものにできるので信用度を上げられるという点、カスタマイズの自由度が高い点などが挙げられます。

一方、メールフォームをレンタルする利点は手軽に、そして確実に設置できるということです。プログラムをサーバーにアップする場合は、いろいろな理由で正常に動作しないということも珍しくありませんが、レンタルの場合はそういったことはありません。

メールフォームには送付先の設定が必須

設置方法ですが、プログラムを用いる場合は設定ファイルに自分のサイトのドメイン、フォームから投稿されたメッセージの送付先などを書き込み、サーバーにアップロードします。アドレスにアクセスしてメールフォームが表示されたら、試しに自分で投稿して、メッセージが届くか試してみるといいでしょう。投稿するとエラーが出る、あるいはメールが届かない場合は、設定に問題がある可能性が高いです。

レンタルする場合は、サービスに申し込んでアカウントを作り、設定画面でやはり送付先などを入力します。メールフォームの色や大きさなども設定画面で決められるようになっていることが多いです。あとはURLを自分のサイトに張れば設置完了です。

ホームページ制作をする場合、メインのページを整然とさせ、他のページに移動しやすいデザインにすることがコツです。