見やすいホームページのデザインは文字の大きさと余白がポイント


役割によって文字に変化をつける

ホームページを、メリハリのある見やすいデザインにするにはどうすればいいのでしょうか。まず、役割ごとに文字に変化をつけることを心がけましょう。たとえば、見出しと本文の文字の大きさがまったく同じだと、見出しが目立たず、あまり表示している意味がありません。見出しは本文よりも大きくする、あるいは太字にしたり、色やフォントを変えたりすることでメリハリがついて見やすくなります。

リンクになっている部分は、「ここはリンクである」と訪問者にわかりやすいデザインにしましょう。なんの設定もせずに文字列をリンクにすると、ブラウザ上では文字が青くなり、さらに青い下線が引かれます。しかし、リンクごとに下線が引かれるのは、ごちゃごちゃした印象を与えてしまうということで、下線を消す設定を行う人も少なくありません。さらに文字が青くなるのも嫌だと、リンクになっていない文字と同じ色にする人がいます。ただ、こうしてしまうと、どこにリンクがあるのかまったくわからなくなってしまいます。

余白を設けることで長文でも読みやすくなる

余白を作るようにするのも、ホームページを見やすくするコツです。たとえば、ブラウザ全体に文字がびっしりと表示されてしまうと、閲覧者にとってはあまり読みやすいとはいえません。上下左右に余白を取って、その中に文字を表示するようにすればかなり読みやすくなります。また、長文の場合はいくつかの段落ごとに見出しをつけ、分けて表示すると、読みやすい上にどこまで読んだのかも簡単に把握できるようになります。

レスポンシブデザインは同じHTMLやCSSの記述で画面の大きさに応じて表示を変えるWebの技術です。これにより、Web製作者は記述を変えることなく、デバイスに応じたWebをデザインすることが可能です。